出会いがない(出会いの場)

出会いが全然ないと嘆く人が1週間以内に巡り合える出会いの場

更新日:

恋人

ごきげんよう。「出会い大学」学長のミカ@deai_collegeです。

異性と出会いたいけれど、普段の生活ではまったく出会いがない…」と嘆く人は、男女を問わず多いのではないかしら?

とくに社会人になると、職場によっては本当に限られた人としか出会わなかったりするわよね。

でも、男女が出会える場所は思う以上にたくさんあるもの。その中でも、「1週間以内」という短期間で勝負したい人向けの出会いの場をいくつか紹介するわね。

1週間以内に確実に出会える場所を、先にこっそり教えておくわ!

「ゴタクはいいから、早く出会える場所を教えろ!」というせっかちな人のために言ってしまうと、1週間以内に相手を見つけたいなら、ネット(スマホ)を利用するのが一番手っ取り早くて確実ね。

なんといっても時と場所を選ばないから、忙しい人でも効率よく出会いを探せるのが一番のメリット。

それも、普通のSNSよりは、最初から出会いを目的とした人が集まるサイトやアプリのほうが短期決戦には向いているわ。

とくに私がおすすめするのは、サイトなら「PCMAX」、アプリなら「Pairs」。どちらも利用者数が断然多いし、男女比のバランスもとれていて、何より実際のマッチング件数が多いの。

ほかの出会い方との比較もこれから説明していくので、よかったら目を通してみてくださいね。

1週間以内に巡り合える可能性がある出会いの場を8つご紹介!

男女の出会い方はいろいろあるけれど、職場とか学校とかサークルとかの出会いは、あまり短期決戦には向かないわ。

1週間以内に出会える可能性がある方法を、8つご紹介していくわね。

①     合コン

出会いの王道といえば、合コン。

友だちや知り合いに、合コンの幹事ばかりやっているような人がいるなら、その人にセッティングをお願いするのが一番早いわね。

ここで、合コンのメリットとデメリットを簡単に挙げてみましょう。

メリット

  • 最初から顔の見える出会いができる
  • 少人数だから会話しやすい
  • 連絡先を交換しやすい

デメリット

  • 1度に出会える人数が少ない
  • 人見知りタイプには向いていない
  • その場でのカップル成立率は低い

じつは合コンって、出会いを目的としていながらも、実際のマッチング率は決して高くないのをご存じかしら?

参加したことのある人ならわかると思うけれど、せいぜい連絡先を交換するくらいで、そこからお付き合いにまで発展するカップルは意外と少ないわ。

それに、合コンは集まるメンツによっても雰囲気がまったく違うから、真剣に恋人探しをしている人が、遊び目的のメンバーしかいない合コンに放り込まれたりしたら悲劇よね。

そして、それ以上に重要なのが、合コンには「向き不向き」があるということ!正直、初めて出会った相手に、たった2時間やそこらで興味や好意をもってもらえる人って、かなり限られているの。

端的に言ってしまえば、

  • イケメン・美女(見た目がいい)
  • 高学歴・高収入(ステイタス性が高い)
  • 人を魅了する会話ができる(コミュニケーションスキルが高い)

のいずれかに当てはまる人ね。

だから、一見して抜きん出たものがない人や、人見知りタイプには、あまりおすすめできないの。もちろん、出会いの場の1つとして活用するのはかまわないけれど、合コンだけに賭けるのはちょっと効率が悪すぎるわね。

②     街コン

街コン

これも合コンと少し似ているけれど、街ぐるみで行なわれる規模の大きいイベントよ。

メリット

  • 出会える人数が多い
  • 食べ歩きも兼ねて気軽に参加できる
  • 昼間の開催が多いため安全性が高い

デメリット

  • 男性の参加費が高い
  • 真剣な恋人探しには向かないかも
  • 人見知りタイプにも向いていない

いろいろな街コンがあるけれど、たいていは同性2名1組で参加して、指定の飲食店をまわりながら異性グループと出会う、というスタイルが多いわね。

地域振興にもつながるとして、いろいろな街で開催されているわ。

参加人数は少なくても数十人以上、大規模なものでは1,000人を超えることもあるくらいだから、とにかく出会える人数が多い点が特徴ね。

でも、ちょっと行き当たりばったり感が強いし、軽いノリで参加する人も多いから、真剣な出会いを求めている人には向かない可能性もありそう。

もちろん、合コンと同じく人見知りタイプにもあまり向いていないわね。

また、女性の参加費は2,000~3,000円のところが多いけれど、男性はその倍か、3倍くらい高いことも普通にあるわ。女性に集まってもらうためには仕方ないのだけれど、ちょっと不公平さを感じてしまう男性も多いかも。

③     恋活パーティー(カップリングパーティー)

パーティー

不特定多数と出会う場としては、恋活パーティーもあるわね。都市部では毎週のようにどこかで開催されているわ。

結婚相手を探している人向けの婚活パーティーも、最近はあちこちで盛んに行なわれているみたい。

メリット

  • 同じ目的の人と出会える確率が高い
  • 身分証明書を提示するため安全
  • 1対1で会話できる時間がある

デメリット

  • 大勢の人と話すので疲れる
  • 見た目がよくない人は少し不利
  • やっぱり男性の参加費が高い

恋活・婚活パーティーは、目的別に開催されることも多いから、自分に合ったパーティーに参加できる点が1つのメリットね。普通の恋人探しはもちろん、同じ趣味同士で集まるパーティーもあるし、年齢別・職業別・婚姻歴別など、本当にいろいろなコンセプトで開催されているわ。

フリータイムのほかに1対1でお話できる時間があったり、最後に告白タイムがあったりするなど、その場でカップルを成立させるためのお膳立てがいろいろあるのも特徴といえるわね。

ただし、多くの人と会話するので、コミュニケーションが得意じゃない人には疲れてしまうかも。また、合コンや街コンにも共通する部分だけれど、初対面の人と短期決戦で出会う方法では、どうしてもルックスのいい人が有利なのは否めない事実。

あとは、男性の参加費はどうしても高めね。中には女性が1,000円以下で、男性はその5~6倍というパーティーもあるわ。

ただし、男性のステイタスが高いパーティーに限っては、女性の参加費のほうが高い場合もあるので、公務員・ドクター・弁護士などの職業の人は要チェックよ。

④     ナンパ

ナンパ

草食系男子が増えた今、すっかり下火になってしまった感のあるナンパだけれど、スピーディに出会えるという点では今も一定の人気があるわ。

メリット

  • 好みの見た目の異性を選べる
  • 気が合えばすぐに仲良くなれる
  • コミュニケーション力がきたえられる

デメリット

  • 相手の素性がわからない
  • 真剣な出会いにはあまり向かない
  • とにかく成功率が低い

多くの人が想像できるように、正直にいって最近のナンパ成功率は決して高くないわ…。誰もがせわしなく歩いている中、いきなり知らない人に声をかけられたって困るし、何かのキャッチセールスと間違えられる危険性だってあるわよね。

でも、どんな出会いも結局は「きっかけ」に過ぎないから、そこから少しずつ仲を深めていける可能性はゼロではないの。実際、結婚しているカップルにアンケートをとったら、何組かに1組は「ナンパ」と答えるはずよ!

とはいえ、1週間以内に決着をつけたい人にはあまり効率的とはいえないから、ほかの方法と並行して、あくまでオマケ感覚でやってみるくらいがちょうど良さそうね。

⑤     友人・知人の紹介

女性

今も昔も、男女の出会いのきっかけは「共通の知人の紹介」がわりと多いのをご存じかしら?

不特定多数と出会うのが苦手な人にも、抵抗が少ない出会い方といえそうね。

メリット

  • 相手の素性がはっきりしていて安心
  • 友人に自分をアピールしてもらえる
  • ゆっくり関係を深めていける

デメリット

  • いい人と出会えるとは限らない
  • 立場上、交際を断りにくい場合もある
  • 遊び目的の出会いにはあまり向かない

信頼できる知人の紹介であれば、素性のはっきりした相手と出会えるから安心感は大きいわね。

また、意外と見逃せないのが「友人が自分の宣伝係になってくれる」ということ。昔のお見合いオバさんじゃないけれど、「いい人がいてね~」というふうに、あなたの魅力を勝手にアピールしてくれる可能性が高いわ。これってけっこう、大事なポイントよ。

あとは、友人も含めて数人のグループで遊んだりできるのであれば、最初は友だちから始めてゆっくり親しくなっていけるから、慎重派の人にも安心ね。

一方、かならずしも自分好みの人を紹介してもらえるとは限らないというデメリットはあるわ。とくに知人が自分より上の立場の場合、あまりムゲにも断れなくて苦労するかもしれないわね。

また、遊び目的だと知人の顔にドロを塗ることにもなりかねないから、その場合は別の出会い方を選びましょう。

⑥     相席カフェ・相席居酒屋

飲み会

最近、都市部を中心に増えている相席カフェや相席居酒屋も、手っ取り早く出会うのに最適なスポットね。

相席カフェは、名前だけ見て「出会い喫茶」と間違える人も多いかもしれないけれど、決して風俗店ではないのでお間違いなく!普通のオシャレなカフェで、店内にいる異性と相席して会話を楽しむというシステムよ。15分か30分ごとに席を変わるのがルールなの。

相席居酒屋は、その居酒屋バージョンね。お酒が入る分、初対面でも盛り上がりやすいと思うわ。

メリット

  • 女性は基本的に無料
  • ほぼ確実に異性とお話できる
  • ゲームなどの盛り上げグッズも

デメリット

  • 男性だけお金がかかる
  • 相席相手は選べないことも
  • 週末は混んでいることが多い

相席カフェも相席居酒屋も、女性の飲食代は無料のところがほとんど。だからこそ女性のお客さんがたくさん来て、イコール男性のお客さんもわんさか来るということね。

お店によってシステムは多少異なるけれど、基本的には女性の席に男性が来て、相席を申し込むというパターンが多いわ。よほどお客さんが少なくない限り、入店すれば異性とお話できるはずよ。

ただし、カフェでは時間ごとに席を移動することになっているし、居酒屋では好みのタイプは希望できても、相席相手を選ぶことは原則できないお店が多いの。だから、出会いの効率はあまり良いとはいえないかもしれないわね。

また、週末の夜は男女ともに混み合っているお店が多いから、予約できるならしておくことをおすすめするわ。

⑦     SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

スマホとSNS

今や出会いの場として普通に利用されているのが、SNS。

10年くらい前に流行ったmixiに始まり、FacebookやTwitterなどのSNSで出会う男女は、最近では珍しくもなんともなくなっているわね。

メリット

  • 出会いの幅が広がる
  • 同じ趣味の人と出会いやすい
  • ゆっくり仲良くなってから会える

デメリット

  • 信用できる相手とは限らない
  • ストーカー被害に遭うリスクも
  • 実際に会ったらガッカリすることも

SNSでは、普段の生活では接点がないような人とも簡単につながれるから、出会いの幅が広がるのがいいところね。

また、同じ趣味同士でつながりやすいのもSNSのメリット。現実世界ではニッチな趣味でも、SNSには仲間がたくさんいるから、共通の趣味の恋人をつくることも夢ではないわ。

一方、SNSでの出会い最大のデメリットは、「相手がどんな人なのかわからない」という点に尽きるでしょう。普通のSNSに身分証明書の提示は必要ないから、声をかけてきた相手が既婚者だった、という可能性も十分あるわよね。

じつはいろんな人に同じメッセージを送っている、というケースも考えられるし、最悪の場合は送った写真をネットでばらまかれたり、ストーキングされたりするリスクもあるから、とくに女性は気をつけてほしいわ!

⑧     出会い系サイト・マッチングアプリ

出会い系サイト

スピーディかつ高確率で出会える場としては、出会い系サイトやマッチングアプリもあるわ。

出会い系と聞いただけで拒絶反応を示す人は、ちょっと頭がカタイかもしれないわよ。今の出会い系市場は、昔とはかなり変わっているの。

メリット

  • 時間がない人でも手軽に出会える
  • 利用人数が多い!
  • さまざまな目的の出会いに対応

デメリット

  • おかしな人はやはり紛れ込んでいる
  • しっかりしたところは料金がかかる
  • 写真詐欺・サクラなどのリスクも

ひと昔前までは、おもにセフレ目的の出会い系サイトが多かったけれど、今は婚活すらネットでする時代。真剣な出会いを求める男女も、普通に出会い系サイトやマッチングアプリを活用しているわ。

たとえば、創設15年以上の老舗マッチングサイト「PCMAX」の会員数は、じつに1,000万人を突破。いろいろな人がいろいろな目的で出会いを探していて、実際に多くの人がマッチングに成功しているのよ。

ただし、顔の見えないネットである以上、おかしな人が紛れ込んでいる可能性は残念ながらゼロではないから、そこには気をつける必要があるわね。最近のまともなサイトでは監視も厳しくなっているけれど、実際に会う前に相手をしっかりリサーチすることは必要不可欠よ。

出会いがない人でも安心・確実に出会える、マッチングサイト・アプリの選び方!

かわいい女性

手っ取り早く出会いたい人におすすめの出会い系サービスだけれど、もちろんどこでもいいというわけではないわ。むしろ、しっかり選ばないと危険な目に遭ったり、いつまでたっても出会えなかったりするリスクが大。

そこで、ぜひ押さえてもらいたいポイントをいくつか挙げるわね。

有料のサイト・アプリを選ぶ!

安心して利用するためにも、有料のサービスを私はおすすめするわ。

とくに男性はお金のかかるところが多いけれど、そのほうがサポートもしっかりしているし、料金が発生する時点で不真面目な人をブロックできる効果もあるでしょ?

実際、男性がお金を払っているサービスのほうが、女性も安心して登録できるのよ。

利用者数が多く、男女比のバランスがいいところを選ぶ!

出会い系市場では、どうしても男性のほうがあぶれているのが現状。

サイトによっては、男女比が9:1とかそれ以下になっていて、ごまかすために大量のサクラを投入しているところも実際あるわ。

そういうサイトに引っかからないためには、なるべく全体の利用者数が多い大手を選ぶのが基本よ。累計の会員数は少なくとも300万人以上、かつ現時点で活動している会員が多く、掲示板の書き込みなどがアクティブなところがいいわね。

男女比は、男性が多いのは仕方ないにしても、せいぜい6:4か7:3くらいが理想的よ。

監視やサポート体制が整っているところを選ぶ!

出会い系サービスでこわいのは、ヘンな人と出会ってしまうことよね。これは男性でも女性でも同じだと思うわ。

危険な目に遭わないためにも、できるだけ安全管理の体制が充実しているサイトやアプリを選ぶことが大切よ。最低限の年齢確認をするのはもちろん、おかしな投稿はすぐに削除したり、規約に違反しているユーザーがいたら強制退会させたりするなど、優良なユーザーをしっかり守ってくれるところを選びましょう。

「うちは自由です。登録したら、あとは本人同士で勝手にやってくださいねー」というサイトは、親切でもなんでもないので気をつけて!

「出会いがない」はもう卒業!確実に出会える場まとめ

いろいろな出会いをご紹介してきたけれど、どれか1つにしぼる必要はないと私は考えているわ。

むしろ、出会いの網は広く張れば張るほど効率的。たとえは悪いけれど、複数のワナを仕掛けておいたほうが、それだけ獲物が引っかかる確率は上がるのが当たり前よね。

その中でも、とくにネットからのアプローチはかならず1つは実践しておきたいところ。普通のSNSでも出会えないわけじゃないけれど、効率を考えるなら、最初から出会いを求める人が登録しているマッチングサイトやアプリのほうが圧倒的におすすめよ。

その上で、合コンやパーティーやナンパなどの「不特定多数の中に飛び込む出会い」もプラスすると、バランスがよくて理想的かもしれないわね。

-出会いがない(出会いの場)

Copyright© 出会い大学 , 2019 All Rights Reserved.