出会い系アプリ・サイト

出会い系サイトに巣くうサクラを見抜く具体的行動や言動

更新日:

PCMAXのサクラと素人女性

ごきげんよう。「出会い大学」学長のミカ@deai_collegeです。

出会い系サイトを利用するにあたって、「サクラ」の存在が気になる方は多いんじゃないかしら?ネットには、「出会い系サイトの女性会員は大部分がサクラ!」という情報も出回っていたりするものね。

でも、もちろんそれはウソ。サクラを雇っていないマトモなサイトはちゃんとあるわ。ただ、サイト側が雇っていなくても、違う目的で活動する「会えない人たち」がいるのも事実。

いつまでがんばっても会えない相手にポイントを消費することがないよう、この記事では、出会い系サイトにひそむ「サクラ」の特徴や見分け方などを解説していくわね。

目次

サクラのいない出会い系サイトを選ぶならPCMAX!

サクラに引っかからないためには、なんといっても最初のサイト選びが重要よ。

私、学長ミカが一番おすすめするのは、PCMAX。2001年から運営されている老舗の出会い系で、累計会員数は1,100万人を突破しているわ。

PCMAX公式:https://pcmax.jp/

そんなPCMAXは、「サクラゼロ宣言」をしている数少ない出会い系サイトでもあるの。

そもそもサクラは、女性会員の数が少ない不人気サイトに多いもの。PCMAXのように、男女とも会員数の多い大手人気サイトには必要ないし、むしろサクラを雇ったりして悪い評判が広まるのは避けたいのが普通よ。

ただし、どんな優良なサイトにも良からぬ輩はひそんでいるから、このページを参考にして安全な相手を見きわめてね。

そもそも出会い系サイトのサクラとは?何のためにいるの?

出会い系サイトのサクラ

知っている人も多いとは思うけれど、まずは出会い系サイトの「サクラ」が何なのかについて、少しご説明しておくわね。

サクラ(偽客)は、普通のお客さんに混ざった「仕込み客」のこと。本来はお芝居のチケットをタダでもらう代わりに、公演を盛り上げる役を務める人たちのことを指したようだけれど、いつからか普通のお店でも雇われるようになったみたい。

サクラを使って、お店が大人気であるかのように見せかける「行列商法」なんかが有名だけれど、まぁ、ある程度ならビジネスを盛り上げるためのものとして理解できなくもないし、黙認もされているわ。

でも、出会い系サイトとなると話は別なのよ。

出会い系サイトのサクラは、「男性にポイントを使わせること」が目的!

出会い系サイトにおけるサクラとは、一般的に「架空の女性会員」のこと。

多くの出会い系サイトでは、女性は無料、男性は有料になっているので、男性会員を増やさないとサイトの収益は上がらないの。そこで、女性会員がたくさんいるように見せかけるためにサクラが雇われる、というわけね。

でも、男性に登録してもらうだけではダメで、出会い系サイトでは男性会員に「ポイント」を購入してもらわないとお金が発生しないわ。たとえば、「女性会員の掲示板の書き込みを見る」「女性会員のくわしいプロフィールを見る」「気になる女性にメッセージを送る」などの行動には、基本的にポイントが必要よ。

そこで、男性会員にどんどんポイントを購入してもらうために、サクラはある程度きちんとしたプロフィールを作り込んでいることが多いし、積極的に男性にメッセージを送ってきたりもするの。可愛い顔写真つきの女の子から「お返事待ってマス☆」なんてメッセージがきたら、返信したくなるのが男の性(さが)よね?

メッセージを1通送るのに必要なポイントは、平均して50円くらい。1通だけなら小さな金額だけれど、それを50通送ったら2,500円、100通送ったら5,000円もかかるわ。

しかも、サクラは「返信が来やすいメッセージ」のコツを熟知していて、うまく誘導してくるから、気づけばけっこうな金額をつぎ込んでいた、ということにもなりかねないの。

このように、お店に行列をつくらせるだけのサクラと比べて、出会い系サイトのサクラはとても悪質。実際、裁判でも違法性が認められて、サイト側に損害賠償の支払いが命じられたケースもあるくらいだから、利用者も十分に注意しましょう。

出会い系サイトのサクラの種類・特徴・手口を一挙ご紹介!

出会い系サイトのサクラは、サイト側に直接雇われている人たちだけとは限らないの。

実際に出会い系サイトにいるサクラの種類と、特徴、代表的な手口などをご紹介するわね。

運営側による「自作自演型」または「アルバイト型」

もっとも多いのは、サイトの運営会社が雇っているアルバイトのサクラ、もしくは社員が自作自演しているサクラね。

アルバイトの場合、「PCオペレーター」とか「メールオペレーター」というお仕事として募集されていることが多いわ。「メールレディ」という、いかにも…な名前で求人が出ていることも。

ただ、中身は女性とは限らなくて、中にはネカマも普通にいるの。どうせ会わないので、男性だろうと女性だろうと関係ないのよね…。

特徴・手口

いわば一番オーソドックスなサクラなので、手口は以下のような感じ。

  • 新規男性ユーザーを中心に、手当たりしだいにメッセージを送ったり、掲示板に書き込んだりして返信を待つ
  • 返信があったら、会えそうな雰囲気をかもし出しつつ、やりとりを長引かせる
  • 場合によっては会う約束までしっかりとりつけるが、「場所がわからない」などの理由で結局会えない

とにかく「数撃ちゃ当たる」といわんばかりに、男性会員にアプローチしてくるわ。そして、できるだけたくさんポイントを使ってもらうために、やりとりを限界まで長引かせようとするはずよ。

1通で済む内容を3通くらいに小分けにするなど、涙ぐましい努力がみられることも。また、「これ以上長引かせられないな」と思ったら、本当に日時と場所を決めて待ち合わせの約束までとりつけちゃうサクラもたくさんいるわ。

でも、もちろんその時間に行っても誰もいない…。そしてメッセージでは「えっ、どこ?どこにいるんですかぁー?」と必死に探しているふうのサクラさんが。

中には、「次こそは会えるといいですねっ」と、2回目の逢瀬チャレンジに持っていくツワモノもいるのだから、その根性には驚くばかりよね。

出会い系サイトで稼ぎたい「キャッシュバッカー型」

出会い系サイトのサクラの中には、サイトに直接雇われているわけじゃない人たちもいるわ。その1つが、報酬目的の「キャッシュバッカー型」よ。

出会い系サイトの中には、男性会員とメッセージのやりとりなどをするごとに、女性会員に対してポイントを付与するシステムのところがあるの。

「え?男性会員はポイントを消費する一方なのに、女性会員は無料な上、さらにポイントまでGETできるんかい!」と、その不公平さに腹が立つ男性も多いでしょうけれど、出会い系ではどうしても女性の比率が低いのが現状。多くの女性に利用してもらうために、少しくらいサービスするのは仕方ないと思うわ。

でもそうなると、ポイント目的で出会い系を利用する「キャッシュバッカー」なる女性会員が出てくるのも、当然といえば当然。つまり、実際に会うつもりなんてない、ただ稼ぎたいだけの女性たちね。

どのサイトでも「ポイント目的での利用は規約違反」としているけれど、そんなのはおかまいなし。ポイントほしさにせっせとメッセージのやりとりをする女子や、高ポイントがもらえるアダルト画像の投稿や通話までしちゃう女子もいるのよ。

ちなみに、女性会員への報酬は以下の3つが代表的。

  • 現金と交換
  • 電子マネーと交換
  • 食品や衣料品などの商品と交換

このうち、キャッシュバッカーが狙いやすいのは現金または電子マネーへの交換ね。だから、自分の利用する出会い系サイトが、女性会員に対してどのようなキャッシュバックを用意しているのかを知ることも役に立つはずよ。

特徴・手口

キャッシュバッカー型のサクラも、基本的には普通のサクラと手口は変わらないわ。

  • メッセージのやりとりを長引かせるために、短めの文章をひんぱんに送ってくる
  • アダルトな雰囲気の画像やワードで、男性会員の性欲を盛り上げる
  • 個人なので、LINEやカカオのIDは教えたがらない

特徴としては、こんな感じかしら。あくまで個人で作業しているだけなので、LINEは絶対に教えたがらない人が多いでしょうね。

どんなに話が盛り上がっていても、「スマホの調子が悪い」とか、何かと理由をつけてLINEに移行したがらないなら、サクラを疑ったほうがいいと思うわ。

また、サイトによっては相手の「メッセージ返信率」をチェックできるので、それを見て100%ちかい数字になっている場合も、サクラの可能性が高いと判断しましょう。

知人に頼まれて登録だけしてみた「ボランティア型」

出会い系サイトのサクラの中には、ただ知人に頼まれて登録した人たちも一部いるわ。

単に女性会員の数を水増しするために、サイト運営の関係者から頼まれるケースもあれば、紹介で何かの報酬をもらいたい友人から「協力して!」と頼まれたケースもあるでしょうね。

ただ、最初は興味本位でも一応マジメに返信してくれる女性もまれにいるので、100パーセント出会えないとは言い切れないのも事実。

とはいえ、ほとんどは積極的に利用したいと思って登録しているわけじゃないので、手を出さないほうがポイントはムダにならないと思うわ。

特徴・手口

ボランティア型サクラの特徴は、以下のような感じ。

  • 個性の少ない、必要最小限で無難なプロフィールを作成している
  • 都合上、年齢確認までは済ませているケースが多い
  • メッセージへの返信率は低い

要は「悪いことはしないけれど、実際に会える可能性は低いのでポイントのムダ」ということね。

基本的には、プロフィールがしっかり完成されていない女性会員は乗り気じゃない場合が多いので、手を出さないほうがいいと思うわ。

人間ですらない!?コンピュータによる「自動送信型」

出会い系サイトで最近増えているのが、コンピュータが勝手にメッセージを送信するシステム。もはや、サクラも中身が人間ですらなくなっている、ということね…。

出会い系サイトのサクラといえば、最初にご紹介した「運営会社による自作自演」や「アルバイト」がこれまでは多かったのだけれど、それって手間も人件費もかかるでしょ。その点、コンピュータならいくつかのひな型を用意しておけば、男性会員に対してランダムにメッセージを送信できるので、とても効率がいいわよね。

とはいえ、相手のメッセージ内容に合った返信ができるほどのAIは、まだ出会い系業界には導入されていないはずなので、基本的には「最初のカモ探し」に利用されるケースが多いと思われるわ。

自動送信したメッセージに返信があったら、そこからは有人対応に切り替える、という作戦ね。ああ、おそろしい。

特徴・手口

上でもご説明したけれど、自動送信型のサクラの手口は以下のような感じ。

  • 新規登録した男性会員を中心に、自動送信でランダムにメッセージを送りつける
  • 返信があった場合はオペレーターが引き受ける
  • できるかぎり話を長引かせて、男性会員にポイントを使わせる

自動送信されるメッセージは非常にバラエティ豊かで、中には100以上の架空キャラを設定しているサイトもある、といわれているわ。

どのキャラが男性会員に刺さるかわからないので、清楚系からアダルト系まで、一通りいろいろなキャラのメッセージをそろえておいて、順次ランダムに送信する、ということね。

しかも、サイトによっては返信率の高いキャラを分析して、どんどんアップデートしているので、そのうち出会い系の玄人でも見抜くのが難しくなっていくかも…。やっかいなご時世になってきたわね。

出会い系サイトのサクラを見抜く、具体的な行動や言動~「都合よすぎの女性」には注意して!

以上をもとに、出会い系サイトに巣くうサクラを見抜くためのポイントをご紹介していくわね。

サクラには、たいてい特徴的な行動や言動があるので、それを見逃さないことが大事よ。

美人すぎる写真・プロっぽい写真を載せている

どんなサクラにしても、ほとんどの場合共通しているのが、美人すぎる、またはプロが撮影したような写真が使われていること。

素人の女性の場合、自宅や旅行先などで撮った、いかにも普通の写真が使われているのに対し、サクラの女性の場合はまるで芸能人の宣材写真のような、出来のよすぎるものが使われていることが多いわ。中には、モデルさんやキャバ嬢の写真を無断で流用していることも。

サクラの目的は、男性会員に興味を持ってもらって、とにかくポイントを使ってもらうことなのだから、美人で写りのよい写真を使うのは当たり前よね。だから、あまりに美人すぎる女性や、プロっぽい写真の女性には注意しておきましょう。

相手に求める条件が少なすぎる

出会い系サイトのプロフィールで注目したいポイントの1つが、相手に求める条件。普通の女性なら「20代か30代」「体型はスリム・マッチョ」など、ある程度好みがしぼられていることが多いはず。

それに対し、サクラの場合は「10代~60代」「体型にこだわりなし」など、ストライクゾーンがやたらと広すぎることが多いの。だって、サクラにとって相手の男性の属性は関係ないのだから、できるだけ網を広げたほうが効率的よね。

女性のプロフィールを見る時は、ぜひそんなところにも注目してみて。

アダルトな画像やワードが多い

普通に考えればわかることだけれど、素人の女性がいきなり出会い系サイトのプロフィールにアダルトな情報を書くことはめったにないわ。どんな人がいるのかわからないのだから、最初は慎重に行動するはずよ。

一方、サクラは最初からアダルト全開。露出の高い服装を着た写真や、いかにも男性を期待させるような自己紹介文を書くことが多いの。

なので、可愛い女性からエロエロ光線を飛ばされたからといって、のん気に鼻の下をのばしていちゃダメ。警戒心をもちましょう。

プロフを完成させる前からメッセージがくる

サクラがおもにターゲットとするのは、新規登録したばかりの男性会員。まだ出会い系に慣れていない可能性もある彼らは、サクラにとっていい獲物になってしまうの。

そんなわけで、サクラたちは「新人検索」などを利用して、新しく入ってきた男性たちに片っ端からアプローチするのが常套手段。「え、俺まだプロフィールもちゃんと完成させてないんだけど…」と驚く男性もいると思うわ。

だから、サクラに引っかからないために、わざと数日間はプロフを未完成のまま放置する、という手もあるわね。写真はもちろん載せず、ニックネームと都道府県と年齢くらいの最小限の情報だけしか書いていないのに、声をかけてくる女性がいたら、高確率でサクラだと思うわ。

また、その間にどれだけのメッセージが来るかによって、そのサイトのサクラ潜伏度もおのずとわかるはずよ。

メッセージ1回あたりの文字数が少ない

サクラの目的は男性会員にポイントを使わせることなので、なるべくやりとりの回数を増やそうとするのがセオリーよ。

上でもご紹介したように、メッセージ1通送るのに必要なお金は50円くらい。5通送ったら250円、10通送ったら500円、20通送ったら1,000円…。

LINEの画面を見るとわかると思うけれど、メッセージのやりとりって意外とあっという間に回数が増えていくもの。しかもサクラは、あえて1回のメッセージを短い文章にして、やりとりの回数を増やそうとしてくるから、気づいたら大量のポイントを消費していることも多々あるわ。

何か質問するたびに「ヒミツ☆あててみてくださーい」みたいな返事が返ってきたり、「えー、どうしようかなー」と無意味なメッセージがきたりするなら、サクラの可能性大。適当なところで見切りをつけて、さっさと次に行きましょ。

なかなかLINEを教えたがらない

サクラにお金が入るのは、サイト上でメッセージをやりとりしたり、画像を投稿したりする時だけ。サイト外で活動しても稼げないので、LINE交換はしたがらないのが普通よ。

どんなに会話が盛り上がっていても、「スマホが不調」「LINE疲れしてお休み中」「心配性なので、一度リアルで会ってから」などなど、ありとあらゆる理由をつけて断ってくるわ。

もちろん、会う約束をとりつけてからも、やりとりはサイト上のみ。ひどいサクラになると、「待ち合わせ場所がわからない」ことにして、「え、今どこにいるの?」などの心配のメッセージを男性にどんどん送らせ、最後のひと稼ぎとばかりにさんざん課金させた挙句、「用事があるのでまた次回にしましょう」でハイさようなら、ということも。血も涙もないわね。

ただし、逆にすぐLINEを教えてくる女性にも注意が必要よ。まだ親しくもなっていないうちからサイト外で話したがる人は、サイトに監視されては都合が悪い事情があることが多いの。

たとえば、援助交際や風俗あっせん業者(援デリ)、あやしげなマルチ商法の勧誘などの可能性があるから、気をつけてね。

使用端末がガラケー・PC

出会い系サイトでは、プロフィールに使用端末の欄があるところも多いのだけれど、その場合はぜひ相手の使用端末をチェックしてみて。

もしPCや、DoCoMo・auなどのキャリア名(ガラケーということ)になっている場合は、サクラの可能性を疑ったほうがいいかもしれないわ。

今時、ほとんどの女性はスマホからネットにアクセスするはず。一方、業者はオフィスにあるPCや、仕事専用のガラケーを使うことが多いの。

サイトによっては、プロフィールの詳細検索で相手の使用端末を選択できるので、できればPCとガラケーは外すことをオススメするわ。

素人をよそおう、ナチュラルな「新型サクラ」も登場!

ここまで、サクラの典型例をご紹介してきたけれど、最近はどうも一筋縄ではいかない新型サクラも増えているみたい。

たとえば、プロっぽくない、ごくごく普通の写真をプロフィールに載せているサクラさん。モデル級の美人ではないけれど、素朴に可愛いふうの子ね。

メッセージの内容もアダルト全開ではなく、あくまで素人っぽい。やりとりの回数を増やそうとするのは基本的に変わらないけれど、なんだか自然で、サクラかどうか確信がもてない感じなのよね。

サクラ業界も、これまでの戦略がだんだん通用しなくなってきたから、ナチュラル路線に切り替えつつあるみたいだわ。

それでも会えないなら、どこかで見切りをつけることも大切

素人っぽい新型サクラに捕まると、思わずワクワクとメッセージ交換にいそしんでしまう男性も多いのだけれど、どんなに仲良くなってもサイトの外に関係が広がっていかないなら、どこかで見切りをつけないとダメ。

いつまでたってもLINEを教えてくれない。会ってくれない。待ち合わせしても現れない…その間、購入ポイントは増えていく一方。そんな切ない関係、誰だってイヤよね。

いつでも私がオススメするのは、「言葉より行動を見よ」ということ。どんなに可愛らしい言葉を書いてきても、実際にあなたと関係を進めようとしないのなら、それが相手のホンネ。

人は言葉ではいくらでもウソをつけるけれど、行動ではウソはつきにくいものよ。それを忘れずに、どうぞ新型サクラに尻の毛まで抜かれることのないようにしてね。

サクラの少ない出会い系サイトを見きわめる方法!年齢確認は基本中の基本

サクラの生態や見分け方についてご説明したけれど、それ以前にもっとも肝心なのが、サクラの少ない出会い系サイトを選ぶということ。

そのために、かならず押さえておきたいポイントをいくつかご紹介するわ。

身分証明書による年齢確認は必須!

マトモな出会い系サイトであれば、今時は年齢確認が必須になっているはず。「出会い系サイト規制法」という法律の中で、18歳未満の出会い系の利用が禁止されているからよ。

そのため、多くの出会い系サイトでは公的な身分証明書をチェックして、18歳以上かどうかの確認を行なっているわ。たとえば、運転免許証・パスポート・健康保険証などね。

年齢確認すらないサイトは、そもそも違法であり、無法地帯なので、絶対に利用しないようにしましょう。

信頼できる会社が運営している

数多くの会員が利用する出会い系サイトを管理するためには、しっかりとした会社組織が必要なので、サイトの運営会社をチェックすることも大切よ。

ちゃんとしたサイトなら、「会社概要」とか「特定商取引法に基づく表記」などのページに会社の情報が載っているはずだから、ぜひ見てみましょう。できれば、出てきた会社名を検索するなどして、本当に実在する会社なのか、ほかにどんな事業を手がけているのか、なども確認してみることをおすすめするわ。

一番よくないのは、会社ではなく個人が運営しているようなサイト。サクラや業者はもちろん、迷惑行為をするユーザーの取り締まりなども行き届かない可能性が高いので、利用しないようにしましょう。

監視・サポートの体制が整っている

信頼できる会社が運営する出会い系サイトなら、24時間365日の監視や、カスタマーサポートを行なっているところが多いわ。

たとえば、私、学長ミカが一番おすすめするPCMAXなら、年中無休でサポート・パトロール監視業務を行なっているし、悪質な書き込みは自動的にブロックするシステムになっているの。また、利用規約違反のユーザーがいた場合は、「通報機能」でサポートセンターに報告もできるし、自分のページへのアクセスをブロックしてもらえるわ。

そういう、きちんとしたサポート体制のある出会い系サイトのほうが、そうでないサイトに比べてサクラや業者も活動しにくいはずよ。

利用料金が平均的

出会い系サイトでは、男性会員が有料のところが多いのだけれど、その料金が相場どおりかどうかも大切なポイント。

相場より安すぎるところは、一見するとお得なようでも、運営・管理の質に不安があるし、逆に高すぎるところも「短期間で荒稼ぎしてやろう」と考えている可能性が高いので、信用できないわね。

大手のきちんとした出会い系サイトでは、メッセージ1通送るのに50円くらいの料金がかかるところが多いはず。もし100円以上かかるサイトがあれば、ちょっと高すぎるので、利用をひかえたほうが無難よ。

女性会員へのキャッシュバックがない

サクラの種類のところでもご説明したように、出会い系サイトには報酬目当ての「キャシュバッカー」と呼ばれる女性たちがいるの。

とくに、貯まったポイントを現金に交換できるサイトの場合、キャッシュバッカーが多くなりがちなので、できれば現金交換できないサイトか、報酬のシステム自体がないサイトを選ぶのがおすすめよ。

次の項で、各サイトのキャッシュバックのシステムを比較しているので、ぜひ参考にしてみてね。

サクラのいない出会い系サイトはどこ?有名3サイトを安全性で徹底比較!

本当にサクラのいない(少ない)出会い系サイトはどこなのか、気になる男性は多いわよね。

ここでは、国内の出会い系サイトの中でもとくに運営歴が長い老舗で、大手と呼ばれるサイト3つ(PCMAX・ハッピーメール・ワクワクメール)を、さまざまな項目で比較してみるわ。

  PCMAX ハッピーメール ワクワクメール
運営会社 株式会社マックス 株式会社アイベック 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
累計登録者数 1,100万人以上 1,900万人以上 350万人以上
年齢確認
監視・サポート体制
  • 24時間365日の監視・カスタマーへの対応
  • 通報・お断り設定

24時間365日体制の有人&自動管理

  • 24時間365日のサイトパトロール
  • 悪質な書き込みは自動ブロック
  • 悪質ユーザーの通報・強制退会など
ポイント購入 500pt(500円)~ 100P(1,000円)~ 100P(1,000円)~
メールの送信
(1通)
50円 50円 50円
女性のプロフィール写真の閲覧(1人) 30円 20円 20円
女性の書き込みの閲覧(1件) 10円 10円 10円
キャッシュバック 景品交換
  • 現金
  • ハッピーコイン
  • 楽天ポイントギフト
  • アプリヒルズゴールド
  • WAKU+コイン
  • サービスポイント
  • auぷりペイドカード
  • Softbankプリペイドカード
  •  楽天Edy
  • Amazonギフトカード など

※クレジットカード決済の場合

3サイトとも、しっかりとした会社が運営しているし、大体同じくらいの時期(2000年代前半)にサイトがスタートしているわ。

監視やサポートの体制も、いずれも年中無休で同じ。料金体系(消費ポイント)もおおよそ同じくらいね。

ただ、1度の購入ポイントが1,000円分~となっているサイトが多いのに対し、PCMAXではクレジットカード決済に限り、500円分から買えるので、少額ずつポイントを買いたい方にも安心できると思うわ。

3サイトで大きく異なるのは、キャッシュバックのシステム。ハッピーメールでは現金、ワクワクメールでは電子マネーに交換できるのに対し、PCMAXでは景品交換のみとなっているの。つまり、厳密にはキャッシュバックのシステムはPCMAXにはない、ということね。

もちろん、ハピメやワクメでは、キャッシュバック目的のユーザーを厳しく取り締まっているのだけれど、そもそもキャッシュバックがないPCMAXが、一番キャッシュバッカーが少なくて安全といえるんじゃないかしら。

そういう意味もあって、私は個人的にPCMAXをイチオシしているわ。

サクラ被害にあった場合の対処法~困った時には消費生活センターに相談を!

もし、あなたが出会い系サイトでたくさんのポイントを購入したのに、一度も女性と出会えなかった場合-つまり、サクラの被害に遭ってしまったと考えられる場合は、消費生活センターや、必要に応じて弁護士にも相談することができるわ。

そのためのくわしい方法を、一応ご説明しておくわね。

まずは被害状況を整理しておく

サクラ被害に遭ったと考えられる場合、まずは証拠を集めて保存することから始めましょう。

サイト名・URL・運営会社の住所や電話番号など、サイトの基本情報はもちろんのこと、サクラのプロフィールや、やりとりしたメッセージの内容はすべて保存。ポイントを購入した履歴も、しっかり記録しておきましょう。

できればメモするのではなく、スマホやPCの画面をキャプチャしたものを保存しておいたほうが、有益な証拠になるわ。

消費生活センターに相談する

消費生活センター(国民生活センター)は、商品やサービスに関するさまざまな相談を受け付けている、消費者庁管轄の機関よ。

消費者として何かの被害にあった可能性がある場合は、まず相談するべきところとして知られているわ。

消費者ホットライン(188)に電話するだけで、最寄りの消費生活センターに転送されるので、まずは電話で内容を伝えてみるといいわね。

ちなみに近年、出会い系サイトにまつわる苦情や相談はとても増えているみたい。相談件数や、実際の相談の内容などは、国民生活センターのサイト上でも紹介されているわ。

ただし、基本的に消費生活センターでは、相談員が話を聞いた上で最適な対処法をアドバイスするだけで、サイト側との交渉や損害賠償請求などは行なっていないの。でも、必要であれば弁護士の紹介もしてくれるから、まずは相談してみましょう。

被害の額によっては弁護士に相談する

もし、出会い系サイトでかなりの被害をこうむった場合は、弁護士に相談したほうがいいかもしれないわね。

状況に応じてサイトの運営会社に返金交渉をしたり、それでも解決しない場合は訴訟を起こしたりもできるので、ムダにつぎ込んでしまったお金がもどってくる可能性もあるはずよ。

実際、裁判所で組織的なサクラ詐欺が認められて、サイト側に数百万円の損害賠償の支払いが命じられた事例もあるので、あまりに悪質だと感じる場合は法的な手段も検討してみましょう。

その場合は、出会い系サイトの案件を得意とする弁護士を選ぶことが大切。もし弁護士費用の支払いが難しい場合は、「法テラス」に相談すれば、費用の相談にも乗ってもらえるわ。

警察のサイバー犯罪相談窓口に相談する

警察には、ネットのトラブルを相談できる「サイバー犯罪相談窓口」が都道府県ごとに設けられているので、そこに相談するのも1つの方法よ。もちろん出会い系サイト関連の相談も受け付けてもらえるし、被害届も出すことができるわ。

ただ、1件の相談だけでは警察は動いてくれない可能性が高いので、確実に返金してもらいたい場合は、弁護士に相談したほうが早いかもしれないわね。

出会い系サイトに巣くうサクラを見抜く具体的行動や言動まとめ

出会い系サイトのサクラの具体的な特徴や、見分け方などをご紹介してきたわ。

出会い系サイトのサクラの目的はただ1つ。男性会員に多くのポイントを使ってもらうこと!そのためには演技もするしネカマにもなる、それがサクラというものよ。

また、サイトからの報酬を目的としたキャッシュバッカー型サクラもいるので、普通ならあまり気にしないキャッシュバックのシステムについても調べておくといいわね。

また、出会い系サイトで騙されたと思った時は、冷静に証拠を残すことが大切。客観的に見て被害状況がわかるように、画面キャプチャ(スクリーンショット)の鬼と化しましょう!

そして何より大事なのが、そもそもサクラのいない出会い系サイトを選んで利用すること。この記事の内容を参考に、ぜひ信頼できるサイトを選んでみてね。

-出会い系アプリ・サイト

Copyright© 出会い大学 , 2019 All Rights Reserved.