出会い系アプリ・サイト

ゲイ・レズなど同性のパートナーを見つけるための出会い系活用法

更新日:

同性愛

ごきげんよう。「出会い大学」学長のミカ@deai_collegeです。

今日は、ゲイ・レズビアンなどのLGBTの方々のための、出会い系サイトの使い方についてレクチャーさせていただくわ。

ネットのなかった昔に比べて、今は同性愛者同士が出会えるチャンスは格段に増えたんじゃないかしら。最初から同じ嗜好をもった人を探すことができるから、利用しない手はないわよね。

それでは、行ってみましょう!

\今すぐ出会いたい人は(R18)/

ゲイ・レズなどの同性パートナーと出会いたいならPCMAX!

同性パートナーと出会いたい方に、私が一番オススメする出会い系サイトはPCMAXよ。

PCMAX公式:https://pcmax.jp/

PCMAX は、2002年開設の老舗出会い系サイト。LGBT専用の掲示板があるし、書き込み数も多いので、パートナーを探している方はぜひチェックしてみてほしいわ。

男性は有料だけれど、1ポイント10円で、クレジットカード決済なら50ポイントから購入OK。女性は無料だけれど、女性同士でやりとりする場合は男性と同じ料金がかかる点に注意してね。

ゲイ・レズなど同性のパートナーを出会い系サイトで見つける方法その①:掲示板を利用する

出会い系サイトでパートナーと出会う方法は、相手が同性でも異性でも同じ。「掲示板」または「プロフ検索」を利用して相手を探すのが基本よ。

まずは、掲示板を使う方法をご紹介するわね。

効率よく出会うならLGBT専用の掲示板がおすすめ!

出会い系サイトといえば、掲示板。1サイトにいくつもの板があって、毎日多くの人がお相手募集の書き込みをしているわ。

ゲイやレズの人が効率よくパートナーを探したいなら、LGBT専用の掲示板がある出会い系サイトを選ぶのがオススメ。同じ嗜好をもった人だけが集まっているから、気がねなく利用できるはずよ。

ただしノンケ好きのあなたは、あえて普通の掲示板を利用するのも1つの手かも。ノンアダルトの「友達募集」などの掲示板で、同性の友達を探している人を見つけてみましょう。

とくに女性は、同性の友達を募集している人も多いから、ノンケ好きのビアンさんには使えるかもしれないわね。

LGBT専用の掲示板がある出会い系サイト一覧

ゲイ・レズ専用の掲示板がある出会い系サイトはたくさんあるけれど、ここでは大手の人気サイトを中心にご紹介するわね。

PCMAX

運営会社 株式会社マックス
登録者数 1,100万人
料金
  • 男性:少額ポイント制(1p10円)
  • 女性:女性同士のやりとりは有料(男性と同じ)

私、学長ミカがイチオシするPCMAXには、アダルト掲示板の中にセクマイ専用の掲示板があるわ。

PCMAX画面マイノリティー

PCMAXはアクティブユーザーが多いので、こちらの掲示板にも毎日のようにたくさんの人が書き込みしているわ。登録したら、ぜひのぞいてみて。

ハッピーメール

運営会社 株式会社 アイベック
登録者数 1,900万人
料金
  • 男性:少額ポイント制(1p10円)
  • 女性:女性同士のやりとりは有料(男性と同じ)

ハッピーメールも、国内では代表的な老舗の出会い系サイト。「その他掲示板」の中に「同性愛」のジャンルがあるわ。

PCMAX画面ジャンル同性愛
こちらにも多くの書き込みがされているので、1度のぞいてみてはいかが?

ワクワクメール

運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
登録者数 350万人
料金
  • 男性:少額ポイント制(1p10円)
  • 女性:女性同士のやりとりは有料(男性と同じ)

ワクワクメールも、PCMAX・ハッピーメールと並んで国内大手出会い系サイトの1つに数えられるわ。

掲示板「大人の募集」の中に「男同士」(女性会員がログインしている場合は「女同士」)のジャンルがあるので、そちらを利用するといいわね。

ワクワクメール男同士

イククル

運営会社 プロスゲイト株式会社
登録者数 1,200万人
料金
  • 男性:少額ポイント制(1p10円)
  • 女性:女性同士のやりとりは有料(男性と同じ)

イククル(イクヨクルヨ)も、会員数1,200万人突破の大手出会い系サイト。

男性がログインすると「ゲイ掲示板」、女性がログインすると「レズ掲示板」を利用できるわ。

イククルゲイ掲示板

ゲイ・レズなど同性のパートナーを出会い系サイトで見つける方法その②:プロフィール検索で探す!

出会い系サイトのもう1つの使い方が、プロフィール検索でお相手を探す方法よ。

プロフ検索のメリットは、地域・年齢・体型・趣味などで、希望条件に合った人をピンポイントで探せること。とくに、こだわりが多い人には向いていると思うわ。

ただし、ゲイやレズの方の場合、注意したいのが「同性のプロフを検索可能かどうか」ということ。出会い系サイトでは、異性のプロフしか検索できないところもあるから、事前に確認しましょう。

同性のプロフ検索ができる出会い系サイト一覧

大手出会い系サイトの中で、同性のプロフ検索ができるところとしては、「ハッピーメール」「ワクワクメール」「イククル」などがあるわ。

ハッピーメール

ハッピーメール画面

ハピメでは、プロフ検索の画面で、検索したい相手の性別を選ぶことができるわ。

ただしそれだけだと、普通に女性のパートナーを探しているノンケの男性ばかりヒットしてしまうので、下のほうにある「興味のあること」の項目で「同性愛」を選ぶといいわね。

ハッピーメール同性愛

ワクワクメール

ワクメでも、プロフ検索したい相手の性別を選択可能よ。

ワクワクメール画面

こちらも、そのままだとノンケだらけがリストアップされてしまうので、興味の項を「同性愛」にしてから検索しましょう。

ワクワクメール同性愛

イククル

イククルでも、検索対象の性別を選択できるわ。

さらに下のほうに行って、「求める相手」に「同性愛」を選ぶと、同じ嗜好をもつ人がリストアップされるはずよ。

PCMAXでは同性のプロフ検索ができない!?

残念ながら、私がオススメするPCMAXでは、同性のプロフ検索ができないようになっているわ。

プロフ検索の画面に「同性愛」の項目はあるのだけれど、ここにチェックを入れて検索しても、なぜか同性愛の嗜好がある異性しか出てこないのよね…。

PCMAX画面同性愛プロフ検索

ただ、PCMAXはセクマイの掲示板が盛り上がっているので、そちらを利用する価値は十分にあるわ。

出会い系サイトでは、プロフ検索よりも掲示板のほうが効率的!

基本的に出会い系サイトでは、掲示板のほうが積極的に相手を探している人を見つけやすいので、プロフ検索よりもポイントをムダに消費せずに済む可能性が高いの。

なので、同性のパートナーを探している方は、まずLGBT専用掲示板に書き込んでいる人を探す、または自分で書き込むのがオススメ。

それでもうまくマッチングできない場合、もしくは「どうしてもこういう人じゃないとダメ!」というこだわりがある場合にプロフ検索を利用してみるといいわね。

ゲイ・レズビアン専門の出会い系サイトよりも、普通の出会い系サイトのほうが出会える!?

ネット上には、ゲイやレズ専門の出会い系サイトもたくさんあるわ。

自分の性癖を受け入れてくれる人を探すという意味では、専用のサイトのほうが効率的なイメージがあるのだけれど、じつはそうとも限らないの。

安全性に問題のあるゲイサイトが多い!

同性愛者限定の出会い系サイトの中には、もちろんセキュリティのしっかりしたマトモなところもあるけれど、一方で掲示板やチャットだけを置いた野放し状態のサイトも多いのが現状。

最低限の年齢確認もナシ。無料なのはいいけれど、その分おかしな業者や冷やかしも書き込み放題…そんなサイトはちょっとイヤよね。

一方、普通の出会い系サイト(とくに上でご紹介したような大手)であれば、年齢確認は必須だし、有料な分しっかりとサイトの監視やカスタマーサポートを行なってくれるわ。

ユーザーの質が低いゲイサイトが多い!

無料で掲示板だけ置いてあるようなゲイサイトを見ると、短文でかなりいい加減な書き込みが多いことがわかると思うわ。

「今〇〇にいるから、すぐ会える人」系の書き込みが非常に多く、相手がどんな人なのかさえよくわからない…。病気を含め、いろいろと心配になるわよね。

その点、大手の出会い系サイトならプロフィール機能があるから、相手がどんな人なのかを確認できるし、何度かメッセージをやりとりしてから会えるので、信頼性は高いんじゃないかしら。

きちんとしたゲイサイトは、料金が高い!

同性愛専門の出会い系サイトにも、セキュリティやサポートのしっかりしたところはあるのだけれど、そういうサイトを見ると料金がかなり高額なところが多いの。

たとえば、以下は同性愛者専門の出会い系・マッチングサイトの料金の一例よ。

サイトA
  • 婚活・真剣な恋愛がしたい人向け
  • コンシェルジュによるサポートあり
月額9,800円
サイトB
  • 会員制の出会い系サイト
  • 年齢確認・24時間サポートあり
  • メール送信(1通):210円
  • メール閲覧(1通):200円
サイトC
  • 会員制の出会い系サイト
  • 年齢確認・年中無休サポートあり
  • メール送信(1通):250円
  • メール閲覧(1通):250円

このように、ゲイ・レズ専門の出会い系で、サポート体制のあるマトモなサイトは、料金が高いところが多いのよ。

普通の出会い系サイトの場合、メール1通送るのにかかる費用は50円くらいだし、とどいたメールを読むのは無料のところがほとんど。それと比べると、いかに差があるかがわかるでしょ?

どんなにメールをやりとりしても、かならず会えるとは限らないのだから、できるだけ費用を節約できる普通の出会い系のほうがいいと私は思うわ。

このように、ゲイ・レズ専門の出会い系は、いい面もある一方で良くない面もあるの。

普通の出会い系サイトにもゲイやレズのユーザーがたくさんいることを考えると、まずは普通のほうで活動してみて、それでうまくいかなければ専門のサイトへ行く、という手順を踏むことを私はオススメするわ。

ちなみに、普通の出会い系でノンケの人と出会い、うまく育てて見事パートナーにした、というツワモノもいるから、ノンケ好きな人はがんばってみてね。

ゲイ・レズなど同性のパートナーを探す際の注意点~業者・サクラ・病気に気をつけて!

ホモ・ヘテロを問わず、出会い系サイトを利用する際には注意しなければいけないことがいくつかあるわ。

ここでは、とくにゲイやレズの方々に気をつけてほしいことを挙げてみるわね。

プロフィールが適当な人は避ける!(冷やかしの可能性あり)

同性愛掲示板には、本当に真剣にパートナーを探している人もいれば、遊び半分で参加している人もいるの。

冷やかしを排除して、真剣な人とだけ出会いたいなら、まず相手のプロフィールを確認して、内容が薄い人には手を出さないことが大切よ。

真剣度が高い人は、きちんとプロフィールをつくり上げていることが多いので、ぜひチェックしてみてね。

都合のよすぎるプロフィールには要注意!(サクラや業者の可能性あり)

出会い系サイトにはつきものの、サクラや業者。

普通の出会い系サイトでは、ヘテロの男性がおもなターゲットにされるので、ゲイの方は比較的安全といえるのだけれど、一方で同性愛者を狙った悪質なサクラも報告されているわ。

たとえばゲイ狙いの場合、以下のようなサクラが多いので気をつけて。

  • 自衛官や消防士など、ゲイに人気の高い職業
  • イケメンすぎ
  • これ見よがしなマッチョ画像を載せている
  • 高齢のゲイばかり狙って声をかける(桶専をよそおう)

とにかく、「都合よすぎの人」には警戒したほうが無難ね。イケメンでガタイのいい人が、なぜか積極的に声をかけてきたら、なるべく時間をかけて相手を見きわめることをオススメするわ。

また、サクラ以上におそろしいのが、サイト外でお金を払わせようとしてくる業者よ。たとえば、別サイトに誘導して架空請求してくる詐欺や、真剣な恋心を利用したデート商法・結婚詐欺など、出会い系には多くの魑魅魍魎がひそんでいるわ。

とくに同性愛者専用のサイトの場合、悪質なサクラや業者の被害に遭ったとしても、自分の性癖というデリケートな部分が明るみになることをおそれて、泣き寝入りする人が多いと思うの。

普通の出会い系サイトの場合、弁護士に相談して裁判になる事例もけっこう増えているのだけれど、ゲイやレズ専門のサイトで被害に遭った、という実際の話がなかなか出てこないのよ。

その意味でも、専門のサイトはリスクが高いといえるかもしれないわね。

本人じゃない「ニセ画像」に注意!画像コレクターにも気をつけて

ゲイの方々の出会い系トラブルを聞くと、意外と多いのが「写真とは似ても似つかない人が現れた」という話。どうやら、別人の写真をプロフィールに載せる不届き者がけっこう多いみたいね。

このような目に遭わないためには、会う前に写真を何枚か交換するのがオススメ。違う時に違う服装で撮った写真をくれるなら、信頼度はアップするわ。

ただしゲイやレズの方の場合、恥ずかしくて写真をあまり見せたくない人もいると思うので、その場合はある程度時間をかけて信頼関係を築いてから送ってもらうといいわね。相手を安心させるためにも、きちんと自分の写真も送りましょう!

あと、写真関係でもう1つ気をつけたいのが画像の悪用。とくにゲイの出会い系には、画像ばかりほしがるコレクターみたいな人もいるので、信頼できない人に何枚も写真を送らないように注意してね。

HIVなどの病気対策は万全に!

ゲイの方々にとって決して他人事ではないのが、HIVをはじめとする病気の感染。

中には自分が感染していることに気づかないまま、パートナーに移してしまっている人もいるでしょうし、一部にはヤケになってばらまこうとする人もいるといわれているわ。

感染しないように物理的に気をつけることは当然として、いい加減な出会いはなるべく避けることも大切。もちろん普段から定期的に検査を受けて、できればパートナーと関係をもつ前に、お互いに検査結果を見せ合えたらベストよね。

いずれにしても、よく知りもしない相手と、感染対策もせず体の関係をもつなんてデンジャラスなことは絶対しないでおきましょう。

ゲイ・レズなど同性のパートナーを見つけるための出会い系活用法まとめ

普段の生活ではなかなかパートナーが見つからないゲイやレズの人にこそ、ぜひ使ってほしいのが出会い系サイト。

同性愛者専門の出会い系もあるけれど、普通の出会い系サイトにもLGBT向けの掲示板はあるし、ゲイやレズの人もたくさん登録しているから、まずは普通のほうを利用してみることをおすすめするわ。

真剣にパートナーを探している人の心をもてあそぶサクラや業者にはくれぐれも気をつけて、素敵なお相手を見つけてね。

-出会い系アプリ・サイト

Copyright© 出会い大学 , 2020 All Rights Reserved.